名鉄観光バス株式会社(以下「当社」という。)は、個人情報の重要性を認識し、その適切な利用及び管理を社会的責務と考え、個人情報保護指針をここに定め、お客様の個人情報を保護します。


1.個人情報の取得について

  • (1)当社は、お客さまからの個人情報を取得するときは、その利用目的をできる限り特定するとともに、取得の目的を達成するために必要な限度を超えないものとします。
  • (2)当社は、お客さまから個人情報を取得するときは、適法かつ公正な手段により行います。

2.個人情報の利用について

当社は、個人情報を利用するときは、必要な範囲内で利用します。


3.個人データの第三者提供について

 当社は、次の場合を除き個人データを第三者に提供しません。

  • (1)お客様の同意がある場合
  • (2)統計データなど、本人を識別することができない状態で開示・提供する場合
  • (3)当社と機密保持契約を締結している業務委託会社に対し開示する必要があるとき
  • (4)合併、会社分割、営業譲渡その他の事由により事業の承継が行われる場合
  • (5)個人情報の保護に関する法律第23条第2項に従い、第三者への提供を利用目的とする個人データを、本人求めに応じて第三者への提供を停止する条件のもとに第三者に提供する場合
  • (6)前各号の他、法令に定められた場合

4.個人データの管理について

  • (1)当社は、個人データの紛失、破壊、改ざん及び漏洩等を防止するため、当該情報への不正アクセス、コンピュータウイルス等の対策の他、必要かつ適切な安全管理措置を実施します。
  • (2)当社は、すべての従業員に対して、個人情報保護に関する教育・啓蒙活動等を継続的に実施します。

5.保有個人データの利用目的の通知、開示、訂正等および利用停止等について

当社は、お客さまから自らの保有個人データについて、利用目的の通知、開示、訂正等及び利用停止等の申し出がありましたときは、お客さまご本人であることを確認のうえ、速やかに対応します。


6.社内体制の整備

当社は、個人情報保護に対する取組みとして、最高情報責任者を置くほか、個人情報を取扱う管理者を配置し、適正な管理・運営を行うことで、お客様の個人情報の保護に努めます。


7.法令の遵守

当社は、個人情報の保護に関する法律及びその他の関係規範を遵守します。


8.維持・改善等について

当社は、個人情報の保護に関する社内規則、社内体制及び運用方法等を整備するとともに、 継続的にその運用・改善に努めます。

 

 


※この指針における「個人情報」「保有個人データ」の定義は、「個人情報の保護に関する法律」によります。

 

平成29年6月22日
名鉄観光バス株式会社 取締役社長 石川 信吾
 


ページの先頭へ戻る